モンキー的映画のススメBEYOND

映画愛を詰め込んでみました。

【スポンサーリンク】

「おれなら的2018年ベスト映画」ご視聴ありがとうございました。

 

先日29日に、いつもの映画ブロガー4人で毎月恒例のTwitter生配信映画トーク「俺たち映画ならず者」を配信しました。

続きを読む

twitter生配信「俺たち映画ならず者」のお知らせ。

「俺たち映画ならず者のテーマ~二人セゾンにのせて~」

ならずものぉ~ ならずものぉ~ 劇場でぇ~映画観てぇ~♪

ならずものぉ~ ならずものぉ~ 配信で~かたりあうぅ~♪

日銭つぎこんだぁ~季節よぉ~♪

こぉかぁいはぁ~してないかぁ~

ならずものぉ~♪

 

ha~

 

みちば・・・

 

もういいか。

 

最近こっち全然更新してないですね。

まぁ今ひとつの記事の中に詰め込んでる最中なんで、その内アップします。

 

さて!

今月も映画ブロガー4人で行うtwitter生配信「俺たち映画ならず者」をやります。

日時は、12月29日土曜日夜7時から!!!

今回1時間延長しての配信のため、いつもより1時間早く配信を始めます!!

 

メンツはいつものこいつら!

Machinakaさん!

物語るカメさん!!

しーまんさん!!!

そして私モンキーでございます!!!!

 

そしてお題ですが、今回は年末ということで!

4人が今年の映画ベストを決めるという回になります!

題して!

「おれなら的2018年ベスト映画」!!!!

 

・・・えーと、「おれなら」ってのは「俺たち映画ならず者」の略称です。

ダサいかどうかはまぁおいといて、もし配信をご覧の方はtwitterで、

#おれなら

でツイートしてくれると嬉しいです。はい。

 

 

当初はですね、今年の新作映画を総括する、と題してやる予定だったんですが、僕が兼ねてからやりたかった「映画好きのやつら集めてその年のベスト10を作る」という遊びを、ん?議論を今回やってみないか?と他の3人に相談しまして。

一応承諾してくれたので今回やってみようという運びです。

 

で。どうやって決めるのかといいますとですね、これまた僕の提案、というか完全パクリっちゃあパクリなんですが。

ニコ生で配信されている「ぷらすと」という番組がありまして。

今年の春まではWOWOWが管轄だったんですが、現在はParaviっていうストリーミング配信サービスが運営してまして。

曜日ごとに音楽、映画、アニメ、落語といった具合に、それぞれのスペシャリストがテーマに沿ってトークをするって番組なんですね。

これを僕6年位前から定期的に見てまして、その中で毎年年末に番組のコメンテーターである評論家さん、解説者さんなんかを集めて「ぷらすと的○○年ベスト映画」と題してベスト映画を選出、順位付けするためにああだこうだ言い合って決めるんですね。

けっこうなおっさんたちが和気藹々とやってるかと思えば、ちょっとヒートアップしちゃったりと、なかなかの議論を重ねていることで、人気の回であります。

 

ここでやってるルールをそのまま採用してやる予定です。

 

どうせ配信中にも説明はしますが、ここでもざっくり説明を。

  1. 今年有料公開された新作映画を1月から順にそれぞれがベスト10に入れたい作品を挙げていく(本数制限は現在検討中)、で、ベストに入れなくてもいいけどどうしても一言推したいという場合は、メンションとして発言可能。
  2. 12月まで一通り終えた後、挙がった作品の中から、これは入らないんじゃないか?と思う作品を取りあげ、議論した後消去または保留または残す。
  3. 大体15~20作品まで絞ったら、ボーダーラインである10位にふさわしい作品を先に決め、それより上か下かを議論し決めていく。
  4. 10作品まで絞ったら順位をつけていく。

 

と、こんな感じで配信時間内に決めていきます。

はっきり言って揉めるでしょうwww

きっとみんな自分のイチオシを入れたいと躍起になるでしょう。

 

そして4人がまったく違うジャンルの映画を見てばかりなので、全員が見ている映画はかなり少ないはず。

あくまで個人のベストではなく4人のベストなので、なるべく意見は尊重し、バランスのいいランキングにしようと思っております。

 

で、もちろんこんな自己満足な企画を視聴者に見ていただくわけですから、ちゃんとそれぞれの作品のいいところ悪いところなんかもしっかり伝えたうえで、今年の映画ってこういう傾向だったね、みたいなことを発信できれば、とも考えております。

 

 

一体どんなランキングになるのか楽しみで仕方ありません。

 

あ、ちなみに今回私モンキーが、マスターオブセレモニー、MCを担当いたします。

場が荒れるでしょうw

でも盛り上げていこうと思います。

 

また歌ってもいいですか?w

 

 

とりあえず実験的な内容でもある今回の企画。

是非ご視聴ください。

というわけで、これにて!

twitter生配信映画トーク「俺たち映画ならず者」ご視聴ありがとうございました。

 

 

去る11月24日、いつもの映画ブロガーメンバーで、3回目のtwitter生配信を行いました。

3連休の中日ということもあり、貴重なお休みの中ご視聴いただきありがとうございました。

 

続きを読む

自宅で観た映画の感想⑤

何気に前回からだいぶ開いてしまったので、そろそろ書かなきゃなぁと思ってたら、最近自宅で観れてねえ!旧作映画発掘してねぇ!ことに気づく。

それでもちょこちょこ観てたので、備忘録的な?感じで、雑に、簡潔に、口当たりよく(?)書き連ねていきます。

 

 

続きを読む

映画野郎たちにフルボッコにされた話。

今年3月に会って以来久々の映画野郎の飲み会。

まぁ、そのときこんなことがあったよってのがこれ。

 

monkey1119beyond.hatenablog.com

 

 

この日以降、何人かと連絡を取ったので軽いスピンオフ的な感じで4人だけで飲んだこともあったんだけど、なかなか師匠からの呼びかけが無く、そろそろかまってくれないと俺ちゃん困るなぁと日々じっとしておりました。(まぁ派手に遊んでたけどねw)

 

で、ようやく集合の声が。

今回は現在丸の内ピカデリーで上映中の「遊星からの物体X」観賞後の流れで飲む、という全容が。

基本師匠とオレとの休みがかぶらず、

どうせまた日曜日だろう、

みんなが映画観た後に出来上がった状態でまた飛び込むのか、

最初の集まりたてのローテンションあんま好きじゃないから出来上がってて全然OKだしこっちもハイテンションでいけるんだけど、アレ結構しんどかったんだよなぁ、

 

なんて前回の幸福度と疲労度の度合いを思い出していたわけですが、なんと今回は土曜日開催。

やったじゃん、俺最初っからいけるじゃん!

だがしかし、遊星からの物体Xの上映スケジュールがなかなか発表されない。

そして発表されたスケジュールは1日2回で昼と夜のみ。

しかも師匠は仕事だったようで、当日は兄さんと自分二人だけで観賞。

 

まぁ遊星に関してはですね、何年か前に自宅で観て楽しんだわけですが、やはり大きなスクリーンで観るとまるで違う。

オープニングと後半から流れる不気味な電子音がオレの心をざわつかせるし、クリーチャーの生々しさだったり造形に顔をしかめたり、それを解剖する音がまた不快で不快で。

しかも血液検査の件で、あれこれ誰が仮の姿なんだっけか?とすっかり忘れてしまい、急に犯人発覚でピギャー!!!って奇声が上がるもんだから、思いっきりビビッたっていうねw

あ~こういうのは家じゃ体感できないよねぇ。

そしてカート・ラッセルがめっちゃ若いし、カッケーし、操縦士のくせに。

でもまぁ、クライマックスで基地もろとも燃やしちゃう件があるけど、あそこまでやる必要あったかね?なんて疑問も。

 

遊星からの物体X ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

遊星からの物体X ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

とりあえず今回は映画の感想ではないので、それはまた後日。

 

 

観賞後、兄さんは新宿へ「ピッチパーフェクト3」を観にすたこら行ってしまったので、俺は夜までどうしようこうしよう銀ブラしようと、久々に街を散策。

ソニービル跡のハイドパークを小1時間眺め、海外旅行客団体の波を掻き分けながらひたすら歩く。

最近ボーっとすることないから丁度よかった。

そして早めに新宿へ。

新宿御苑にでも行ってみようかなと思ったら16時閉園。早っ!

そして天気は下り坂。

朝思いっきり洗濯できると思って干してきたのに、まさかのゲリラ豪雨。

あ~あ、布団のシーツまでだめにしちゃったな。

こうなら一度帰っておけば良かった、という後悔先に立たず状態でカフェでひたすら集合時間を待つ。

最近ボーっとすることないから良かった、という小さな幸せは、ただの無駄な時間へと消化されてしまったわけであります。

 

 

この記事、映画野郎たちにフルボッコにされた話なのに、そろそろ本題入れよって思う人がどんどん退出していく姿が想像できるので、そろそろ行きます。

 

オレはてっきり今回遊星からの物体Xをあれこれ語り始めてからの脱線、とばかり思ってたんですが。

「あれ、残り30分くらいで面白くなくなるんだよな。」

で終了。

 

あ、それで終わりか。まぁいいか。

てな感じで拍子抜け。

そこから段々師匠から俺への怒涛の「アレ観た?」攻撃。

 

基本この会、明らかに俺のレベルが低いのです。

で、俺から言わせれば全員ラスボス。

ゾーマがいてデスピサロがいてエスタークがいてバラモスがいてミルドラースがいてって具合で。

それにオレは「ぬののふく」と「ひのきのぼう」で挑んでる感覚なんです。

決して彼らを倒すつもりなど毛頭無いんだけど、今回ばかりは何度教会へ運ばれ10ゴールド払って生き返ったことか。

ん?誰だ金払ったやつは?まぁいいや。

 

どんな話だったかっていうと、まぁ毎度出てくるロッキーシリーズどれが好き攻撃。

まぁ全部観てますけどね、パパっと決められない優柔不断さと、その理由をパパッと答えられないアウトプットの弱さが出てしまい、普通に1と答えたわけで。

 

それから「十三人の刺客」観てる?攻撃。

まぁ最近映画が好きになった人や、若い世代は三池作品のほうが出てきますよね。

だがこの会は違う。元の作品のほうを観てるか?という質問であります。

そんな事はすぐ察知したわけですが、無論観てません。

そう答えると、ラスボスから「つめたくかがやくいき」が!

何で三池観てて工藤栄一観てないんだ。

多分ここで40回くらい死にましたかね。

できることなら、あなたがオレに貸してくれれば観ましたよ!と言ってやりたかったが、どうも子供の頃からたくさんの視線を浴びると言葉が出てこない症候群なのか、すぐいい切りかえしができないんですよねぇ・・。

よく人前で歌歌ってたなオレ。

 

とりあえずここで宿題が課せられました。

  • 十三人の刺客
  • 十一人の侍
  • 大殺陣(だいさつじんと読むそうです)

あと、どんな流れか忘れたけどマキノ雅弘の話になって「侠骨一代」も観とけとか言われたなぁ。

 

この話の最中、またもやオレのブログを師匠がチェックしていて(きっとものすごく言いたいことがあるんだろうけど、あえて本心は伏せてるんだなってのはいつも感じる)、何故か「恋は雨上がりのように」の記事を読んだみたいで、いやもう半年前よそれ?とは思ったんだけど、お前いつまでそんな映画ばかり観るんだ?と。

 

ブロガーは大変なんすよ。

そしてオレという男も大変面倒なやつなんですよ。

簡単に言えば目立ちたいんです。はい。そしてお金も欲しいんです。はい。

早く隠居したいんです。はい。

 

まぁそれはいいや、そして師匠は俺らがやってる配信まで観ていたそうで、なぜ今の若い奴らはダラダラ喋るだけなんだ、と。

まぁそこが売りなんですけどね・・・。

でもホントはきっちりやりたいんですけどね。

仲良くやるって難しいんです。

こんなこといっていいのかなw

 

 

クソ居酒屋の雑な対応によって不完全燃焼で飲み終えた一行は、次の店へと突入。

キャッチの口車に見事乗せられ再びショボイ店に。

いつもだと1次会で残り3~4人だったのが今回は7人残るという出席率。

で、2次会開始になったわけですが、ここでもオレへの集中攻撃は止まらない。

しかもここからは兄さん方も加わり、アレ観ろこれ読めなぜ観てねえのオンパレード。

 

ここで挙がったのは、オレが「フレンチコネクション」を兄さんから貸してもらって観たことが話題になり、「2は?2観た?」と食い気味に質問してくるも、もろもろの事情でまだ観てない事を告げると、再び

なんで2を観てねえんだよ!!と一堂揃って、いうもんだから俺「マダンテ」でも食らった感覚ですよ。

木っ端微塵。

 

きっとあれかこれ?1よりも2のほうが数倍面白いんだぞってヒント言ってないかい?って一瞬考える余裕もありましたが、彼らの攻撃は止まらない。

フリードキンの後のフランケンハイマーだから、てかフランケンハイマー観てない?RONINは?いや、ここは順番どおり行かないと、うにゃむにゃうなむにゃと色々タイトル言ってて覚えられねえ!

とりあえず覚えてるのは三船敏郎が出てるって言ってたヤツくらいか。

 

他にも俺の好きなロバートアルトマンの話になり、アレのどこが面白いんですか?とか言われたり、貸してくれたヤツは面白いんだから、面白かったですで終わらせるな!とか、本読めとか。

配信の時のバディムービーの話になって、お前何薦めたんだ?

僕アンストッパブル入れました。

アンストッパブルがバディムービー!?

斬新ですねそれ・・いやあれバディムービーじゃねえから・・・3人目いるじゃん・・・

ん~~~!!ん~~~!!すげえ言いたいことあるけどいいや、聞こうみんなの話を。

こんな感じでとにかく集中攻撃。

 

 

あとは、俺に向けての話ではありませんが、アレを見るくらいならこれを読むくらいなら、別の〇〇のほうがいい、みたいな事を言った兄弟がいまして、それに対し師匠が、今の若いやつは勝手に観ない理由を作ってしまっている。まず観る理由を探せと。

あ~なんかいい言葉だなぁと。

観る理由、か。

 

他にも、わからないやつにわかりやすいものを薦めることは文化の衰退につながると。

わからないことをわかろうとしようと試みるからいいんだ、と。

あれ、この前タモリも同じ事言ってたな。

確かに今、わからないからつまらない理解できないってことが多くて、そのままにしてしまうことが多くある。

それに慣れてしまうとその作品は誰にも手にとられなくなってしまう。

わかりやすい面白いものだけが残っていく。

それは文化の衰退に繋がる。

ということを、映画評論の話のときにしてました。

 

 

半年振りの集会は、前回途中参加のオレを集中攻撃し幕を閉じました。

これ読んだ人には、なんかオレかわいそうに感じるかもしれませんが、みんながみんなレベルの低いオレをちょっとでもレベルアップさせようと高みに上げようと愛を持ってあーだこーだ言ってくれてるわけです。

いないですよこんな人たち。

ちょっと集中しすぎですけども!

ちゃんと置いてけぼりにしないように話振ってくるし。

オレあまりにも映画見てないから次呼ばれないんじゃないか?といつも不安です。

 

 

ちなみに、このあと家の近くに住んでる兄さんと3軒目。

兄さんはみんなでいるときはちょっと冷たいように感じるけど、タイマンで飲む時は優しい。

実は昼間兄さんに薦められた「判決、ふたつの希望」をスルーしてしまったんですが、それがどうやら残念がっていて、ブログもいいけどさ、そろそろこういうのしっかり観にいかないと、と苦言を呈されました。

ん~観ますけどレンタルでもいいですか・・・。

それに加え、億男なんて後世に残らないようなもんばっか観てないで、「寝ても覚めても」とか「きみの鳥はうたえる」とかそういうの観たほうが絶対いいってとも。

確かに邦画や洋画の規模の小さい作品は後回しして、どうでもいい邦画大作とかを優先していることは事実だ。

いやらしい話、ブログがあるから。

申し訳ないがアクセスがのびれば収入も多くなる。

安月給で働いてる身としては背に腹はかえられないのだ。

その事を話し、そんなに稼げるのかと聞かれたので、正直に話したら、手が止まり、一点を見つめ、メニューを開き追加オーダー。

あ、おごれってことか。

これくらいなら全然出しますって兄さん。

とりあえずみんなには黙ってて欲しい案件。

 

 

まぁこんな感じで楽しい1日でした。

ちなみに師匠はこっちのブログにも感づいたようで、きっとこれも読むんだろうな、むしろ待ってるんじゃねえか、なんて思ってますが、書いたことは報告しませんw

 

またまた余談ですが、とうとうLINEグループを作ったんですが、どいつもこいつもアカウントの交換方法が覚束ない!!

じじいども!!

俺から言わせてもらえばこういうのに慣れないと人間として衰退してしまうぞ!!(笑)

というわけでこの辺で。

 

twitter映画トーク生配信ご視聴ありがとうございました!

 

続きを読む